釣り初心者、常夜灯をおさえる

釣り初心者、常夜灯をおさえる






夜の堤防に行ったら、狙うポイントは常夜灯が照らす場所と暗い部分の間のエリア。

 

場所によっては多方面から常に照らされているところもあるので、ポイントを見極めてから攻めていきましょう。

 

例えば、アジは明るすぎるところにも近寄りませんが、それでも常夜灯付近には集まってきます。

 

明暗の中間部分に集まっていることが多いようです。

 

このような事は色々な場面で言われていると思います。

 

そして、それは確かな情報だと思います。

 

それから、不思議なことで、釣り場にいくとアジがピチャピチャ海面で跳ねていることがあります。

 

特に満潮時の夜に、このようなことが発生しやすいです。

 

また、アジの活性が上がっていて、さらにアジが釣り場にかなり回遊している場合にこのようなことが起こりやすいようです。

 

こういったときは、跳ねている辺りにそのまま竿を落とすだけで、すぐに釣れます。

 

えぇ、爆釣モードに入ります。

 

入れれば釣れるの繰り返しです。

 

2本釣り竿を持っていったときには、片方の竿で釣れて、そのアジを竿から取っている間に、もう片方の竿でもすでに引きがある状態になっています。

 

こういったパチャパチャとアジが跳ねているときですら、どちらかというと非常に明るいエリアと暗いエリアの中間エリアで起こりやすい印象です。

 

少なくとも、常夜灯の付近に魚が集まってくることだけを意識しておいたら、夜釣りがさらに効率の良いものになると思います。

 

因みに、このアジを狙って大型の魚も入ってくることが想定できます。

 

だから、常夜灯付近の夜釣りは魅力的ですね。

 

注意点として、柵があっても堤防から海側に顔を出さないことです。

 

明暗が変わるので魚が警戒して離れてしまいやすいです。

 

安全のためにも、もちろん堤防から顔を出さないように注意しておきましょう。

 

明るいところだから大丈夫だと思いがちですが、どちらかというと明るさではなく、その状態が続いていることでポイントが決まってくるのだと思います。

 

だから、ライトを海面に向けて照らしたり、明るく照らされた海面を身を乗り出して急に暗くしたりということを繰り返しているうちに魚は警戒して逃げてしまうことが多いようです。

 

これは他の釣り人にも迷惑になりかねない行為ですので、気を付けましょう。
 
【関連記事】
 釣り初心者、常夜灯をおさえる
 釣り初心者のノウハウ習得。リフト&フォール♪シャクリ♪
 釣り初心者、「合わせ」をどうすべきか。
 
TOP:トップ