菅付き針の特徴、メリットとデメリットから見えてきたこと




 

菅付き針の特徴、メリットとデメリットから見えてきたこと

 

菅付き針の特徴として「大物対応」だと言えるようです。

 

菅に針をかけるためハリスがすっぽ抜けずに済むことは確かに明らかなことだと思います。

 

大物に引っ張られてもスッポ抜けリスクはゼロということで、この点については安心感がありますね。

 

でも、菅付き針のデメリットとして針掛かりが良くないということも言われます。

 

「針掛かりが良くない」

 

この言葉を聞いて思い出すことといえば、針にヒネリが有るか無いかという話題です。

 

ひねり有りの方が針掛かりが良かったですね。

 

で、気になりました。

 

針掛かりの良いヒネリ有りで菅付きだったら、ボチボチ針掛かりが良いのではないか?

 

そもそも、菅付きが針掛かりが良くないというのはなぜか?

 

菅付き自体が針掛かりが良くないと言われているのは、おそらく大物対応で針自体が少し太めに出来ているためだろうと思います。

 

だから、この点で「針掛かりが良くない」という評価をするのは、ちょっと違うかなと私は思いました。

 

大物対応用の針としてベストな構造になっているだけであって、その針を少し小さめの魚にまで適用しようとすると、「針掛かりが悪い」という印象になるのではないでしょうかね。

 

逆に言えば、針を細めにして大物釣りをすれば「バラシやすい」という印象を持ってしまう結果につながると思います。

 

だから、大きめのサイズの魚を目的に行くのであれば菅付き針で、かつひねり有りのセットがベストではないでしょうか。

 

もちろん、生き餌や疑似餌をかけるのであればヒネリ無しで細く鋭い菅無しを選ぶことになるのでしょうけれど。

 

それ以外の釣り方で大物狙いなら菅付き有りでヒネリ有りがベスト!

 

こういう事だと思いました。

 

もう一つ菅付き針のデメリットとして考えられることは針を結んだ時の状態ですね。

 

針の枝部分とハリスが一直線になる菅無しと比べ、管有りの方は針の枝部分とハリスが折れ曲がった感じになりますね。

 

管有りは美しくない!

 

でも、これって釣果に影響するでしょうか?

 

このあたりは実際に影響するって見解は少ない感じがします。

 

菅付きが大物対応である以上、大物狙いとして最適な形になっているか否かが問題になるはずです。

 

針掛かりが良い「菅無し」を使ったとしても、すっぽ抜けリスクを負っていたり、針が細くて折られるリスクを負っているのであれば、大物釣りに最適だとは言えないはずですね。

 

だから、どんな魚をメインで狙うのかという点で評価が分かれていることがあるような気がします。

 

これは釣り人として大切な視点かもしれないですよね~。

 

何を狙っていて、だからこのタックル、この仕掛けだという点。

 

それは別のものを狙っている人にとっては、「針掛かりが悪い」とか「すっぽ抜けやすい」とか色々な見解が出てくるものと思います。

 

仕掛けや針の特徴をおさえることも大事、でも何を狙っているからこの仕掛けなんだ、この装備なんだということがハッキリしていることも大事。

 

菅付き針のメリットやデメリットを考えたり、ひねり有りのメリットやデメリットを考えたりする中で、こういった点が自分の中で明確になってきましたね。

 

少し成長した感じがします!




 

 

【関連記事】
トリプルフックの根掛かりから考えるジギング
釣り初心者が釣り針の「ひねり」有り無し効果を理解する
ジグサビキでダイソーさんのジグがハゲた!復活!
釣り初心者にこそロッドベルト!使い方は簡単!