釣り初心者が釣り針の「ひねり」有り無し効果を理解する




 

釣り初心者が釣り針の「ひねり」有り無し効果を理解する

釣り初心者、針の「ひねり」と対面する

近所の釣り具店さんに行ったときに、ふと気になったこと。

 

それが釣り針の「ひねり」についてです。

 

釣り針にも色々な種類があるのですが、同じ種類の釣り針でも「ひねり」の有り無しによって分けて売られている場合があります。

 

因みに普段使っているダイソーさんのサビキに付いている針にはヒネリが無かったです。

 

ワーム針も同様でしたね。

 

でも、ダイソーさんのチヌ針は「ひねり」がありました。

 

それから、家にあった「メバル針」はヒネリ無しでしたね。

 

よって、今私が持っている針で「ひねり」のあるものはダイソーさんのチヌ釣り用の針のみです。

 

チヌは警戒心が強いため、食べ物を口に入れてはスグに吐き出すという行動を繰り返して獲物をチェックしているそうです。

 

そこで針掛かりの良い「ひねり」を持つ針がチヌ針として採用されることが多いようです。

 




 

 

釣り針の「ひねり」有り無しの効果、考え方

それから、色々なブログ記事を読んで複数の見解があることを知りましたが、やはり「ひねり」有りの方が実際の釣り状況を想定すると針が潰されずに済むことが多いようです。

 

エビやカニ等の甲殻類を食すチヌの噛む力を完全に受けてしまえばヒネリの有り無しはあまり関係ないとも言えるようですが、実際の針の形状にヒネリを加えておくことで、チヌの噛む力をまともに受けなくて済むことが多くなることは推察できます。

 

さらに、「ひねり」有りの方が針掛かりが良いことも間違いない見解だと思います。

 

針掛かりの良さは針先が周囲の物などに当たりやすく、すっぽ抜けにくいことを意味しているはずです。

 

ですから、これは「ひねり」有りの針が物理構造から考えて明らかにこの要件を満たしています。

 

一方で、「ひねり」有りよりも無しの方が「貫通力」は優れていますね。

 

これも真っ直ぐな針の物理構造から考えて明らかなことと思います。

 

ですが、ちょっと立ち止まって考えてみると、真っ直ぐだから確かに針先を垂直に落とした場合には貫通力はあるのかもしれませんが、実際に魚とのやり取りをする状況を想定すると、その貫通力がしっかりと発揮される局面は多くないはずです。

 

魚は動き回るし、針だって潮の流れを受けますからね~。

 

貫通力の威力を十分に発揮するのは難しいはずです。

 

それでは、常に「ひねり」有りの針を選択した方が良いのか?

 

こういった疑問が出てきます。

 

でも実際にはヒネリ無しを選んだ方が良い場合もあるとのことで、それはワームなど何らかの疑似餌の動きに影響を与えてしまう場合です。

 

ヒネリ有りの針を使うことで重心がズレて疑似餌が不自然な動きをしてしまうのであれば、ヒネリ無しの方が良いと思います。

 

ただ、ヒネリ無しの針を使っても針のかけ方に問題があれば、疑似餌は真っ直ぐに進まず回転してしまうことだってありますよね。

 

サビキでアジやサバなんかをかけた時に針のかかり方次第で、魚が回転しながら浮上してくる様子を見かけることがありますが、あの様子を思い出します。

 

あんな感じになってしまうようです。

 

さらに海老なんかの生き餌に針をかける場合にも生き餌に負担をかけないようにするために真っ直ぐで強く細い針の方がヒネリ有りの針よりも優れていると言えますね。

 




 

 

釣り針のヒネリ有り無しの選び方、結論

総括するとヒネリ有りの針の方がヒネリ無しの針よりも針掛かりという点で優れている!

 

それに魚の噛む力に対しても実質的には強い!!

 

だから基本はヒネリ有りの方が優秀で手が込んでいる針と認識してOK!

 

だけど餌やワームなどの疑似餌に針を掛ける場合には真っ直ぐな針が良い!でした!!!

 

それから、針の貫通力を生かしたい場合にも真っ直ぐな針が良いと思いますが、この場合には「合わせ」を意識した釣りになるのかなと思います。

 

この「合わせ」は私のような、釣り初心者には少し難易度が上がる釣り方という印象が個人的にはあります。

 

やはり経験を積んで「合わせ」タイミングを身体で感じることが出来るようになってから使うのが良さそうです。

 

その意味は引く感じから魚を推定してタイミングをすぐに変化させることが出来るという腕が必要なんじゃないかなと思ったりしています。

 

えぇ、釣り初心者の私にはまだ少し先の話かなという印象です。




 

 

【関連記事】
釣り初心者にこそロッドベルト!使い方は簡単!
トリプルフックの根掛かりから考えるジギング
釣り初心者からの脱却 釣れたら針外しをすぐ出したい!