サビキ釣り、ジグサビキで時期に関係なく爆釣!!

サビキ釣り、ジグサビキで時期に関係なく爆釣!!





 

釣りの初心者セットでオススメの釣り方はサビキ釣り

 

釣り初心者は「サビキ釣り」から入った方が良いと思います。

 

それも、エサを使わずにサビキとジグをオモリの代わりにしてシャクリ上げるところからスタートすることをオススメします。

 

ジグとサビキのセットで「ジグサビキ」といいます。

 

竿やリールの扱いに少し慣れてきたら、少しだけ前の方にちょい投げをして手前に引いてくる感覚を身に付ければ良いかなと思います。

 

釣りの初心者セットを武器にしたオススメの釣り方です。

 

ウキも使う必要ありません。

 

集魚はジグのキラキラ感と、サビキのオーロラ髭のキラキラで十分です。

 

コマセが無くても十分に釣れますよ。

 

近くで撒き餌をガンガン投げ入れている人がいれば、ちょっと厳しいかもしれませんが、その場合は距離をあけた上で少し遠くに投げることを覚えていくと良いと思います。

 

サビキ釣りで釣れる魚

サビキ釣りではアジやサバ、メバル、カサゴ、コノシロなど、色々な魚が釣れますよ。

 

それ以外にも、場所によってはオッ!!とビックリするようなものが掛かってくるかもしれません。

 

私がビックリしたのは「カニ」でした(笑)

 

釣りやすい時間帯やタイミングについては以下を参考にしてください。
【関連記事】
夕まずめ、朝まずめ。釣り人の朝が早い理由
満潮と干潮、大潮と小潮
雨の日の釣り。天気の捉え方。

 

真冬でもOK!!サビキ釣りに季節も関係なし。

 

釣り自体、暖かい季節の方がやりやすいですよね。

 

寒い季節、釣り場はかなり寒いですよ。

 

風も強い日は、体感温度もグッと下がります。

 

本当に寒いです。

 

魚の問題よりも、釣り人側の問題が大きくて釣果が下がってしまうことが多い気がします。

 

こんな時のために魚釣り用の手袋、フィッシンググローブを揃えておきたいところですね。

 

真冬、潮風にあたりながらラインを手に細々とした作業をすることになります。

 

必ず、手の保護をしておきたいですね。

 

私はグローブせずにやっていたら、気が付くと、手がガサガサのシワシワになっていました。

 

なぜなんでしょうね。驚くほどガサガサ、シワシワになります。

 




 

ジグサビキがオススメの理由

釣りでは「釣れない」リスクが常に存在しますよね。

 

でも、ジグサビキを使えば全く「釣れない」リスクをかなり減らすことが出来ると思います。

 

ジグサビキも時期に関係なく、時間帯にも関係ありません。

 

冬の寒い日でも、朝でも夜でも使えます。

 

それに、エサが不要でエサ代がかかりません。

 

サビキ仕掛けで、攻めることが可能なエリアも広範囲。さらに、ジグが集魚の役目を果たしています。

 

因みにジグの針は取っておきましょう。

 

単にオモリ替わり、そして集魚用であって、そこに掛かってランディングを考えるのであればタモ網の用意が必要です。

 

ジグに掛かってくる魚はそれなりの大きさが考えられるからです。

 

ジグサビキの基本アクションは、リフト&フォールです。
こちらを参考にしてください。
釣り初心者のノウハウ習得。リフト&フォール♪シャクリ♪

 

因みに堤防の真下を攻めるのであれば、上下に仕掛けを動かすして(シャクって)魚に誘いをかけましょう。

 

この動作で仕掛けを引くことを「さびく」と言うところから、サビキ釣りと呼ばれることになったそうです。

 

ジグサビキでの注意点

ジグサビキのジグの部分に関してですが、このジグのキラキラ感が無くなってくると、釣果が悪くなります。

 

それから、サビキの疑似餌部分のオーロラ髭に光沢感が無くなってくると釣果が悪くなります。

 

もしジグサビキをしているのに釣れなくなった!!と思ったら、この2か所をチェックしましょう。

 

サビキを新しいものに取り替えるくらいなら、今日はもうこのあたりで終わりかなとか、ジグを別の物に交換しようとか、その時々で判断は違うと思いますが、効率的な釣りになると思います。

 

ジグサビキ、ダイソーさんのジグとサビキを組み合わせ

 

ダイソーさんのジグとサビキを組み合わせて200円。

 

これで爆釣仕掛けが完成です!

 

根魚狙いならサビキは赤色のもの、アジとかサバ狙いなら白っぽい色のものを
選ぶと良いと思います!

 

ジグサビキは最強と感じる理由

サビキ釣りは初心者の釣りとか、ファミリーフィッシングといったイメージがありますが、釣りを冷静に考えると、サビキ釣りほど、そしてジグサビキほど効率的で戦略的な釣り方はないと思います。

 

もちろん、水深の浅いエリアでは表層をルアーで泳がせて魚を誘うような釣り方になると思います。

 

それ以外なら、ジグで魚をおびき寄せつつ、サビキで色々なタナに仕掛けを効率的に回遊させていくことができるジグサビキが一番です。

 

この釣り方は応用が利きますよね。

 

例えば、海釣りのタイラバやイカ釣りにしても、サビキ仕掛けにした方が効率はアップするはずです。

 

サビキ釣りは釣りの基本であると同時に、最も効果的な釣り方だと思います。

【サビキ釣り関連記事】
根掛かりでサビキとラインを無駄にしない方法。ローコストなサビキ釣りノウハウ。
釣り初心者がジグサビキを通して見えてきたこと。釣り方を考える。