釣り初心者の服装について




釣り初心者の服装について

釣りをするときの服装についてですが、船釣りとか岩場などに行くということでなければ特別な意識は不要と感じます。

 

自然と一体となって、屋外で一日過ごすことを想像してもらえばよいのかなと思います。

 

アウトドアですね。

 

ただ、冬は防寒対策を入念に夏は日焼け対策と虫よけ対策を入念に。といった感じですね。夏場であっても肌の露出は避けた方が無難です。

 

冬場の防寒対策ではフィッシンググローブも揃えておきましょう!

 

屋外にずっといることになるので、夏も冬も帽子はもちろん必須だと思います。

 

それから、出来ればサングラスもあった方がよいと思います。

 

サングラスは眩しさの軽減だけでなく、釣り場での安全にもなると思います。

 

ジグやサビキの針が間違っても自分に飛んでこないようにしなくてはいけませんが、万が一飛んできたときにでも、目を保護できます。

 

帽子も、こういった点からもあった方がよいですね。

 

さらに言えば、ライフジャケットなどを購入してもよいと思います。

 

万が一にでも落水しないようにしなければいけませんが、落水時も耐えることの出来るような装備であれば安心感が増しますね。

 

お子さんを連れていく際には、お子さんだけでもこの対処をしておいてもよいかもしれませんね。

 

大人でも、行ったことのない場所での夜釣りであれば装備したいところです。

 

あとは、ハイヒールで釣り場に行くという女性がいれば、それは止めた方がよいですよという程度でしょうか。

 

滑りにくい靴で行きましょうね。

 

初心者さんで足場の悪い場所にいきなり釣りに行くことはないと思いますが、その場合には長靴が必要になるようです。

 

私もまだ足場の悪い場所は経験したことがないです。

 

釣り船に乗ったこともないですし。

 

釣り船では濡れる前提で行くべきのようです。長靴は必須と考えている場合が多いようですし、濡れてもよい上着、カッパなども必要のようですね。

 

釣り船に乗った釣りはこういった点でも一段敷居が高くなる一方で、仕掛けや釣り具なども有料ですが全て用意してくれるところも多いようです。

 

一度、海を大きく体感したいということであれば、釣り船に乗る価値もありますよね。

 

うーん。羨ましい。釣り船で釣り。

 

一度は体験してみたい。私も。

 

そのうち、行ってみたいと思います!

 

実際にはじめて釣り場に行ったら、トイレの場所を確認しておきましょう。

 

周囲に見当たらなかったら、釣り場にいる人に聞いてみるとよいと思います。

 

少し話がそれてしまいますが、一度、釣り場で海にオシッコをしているオジサンを見たことがあります。

 

それも、小さ目の湾内でした。

 

真っ昼間に。見ただけでゲンナリしましたね。

 

そこから、徒歩3分程度のところに、ちゃんとトイレはある場所でした。

 

トイレのある場所をちゃんと事前に確認しておくことも大切です。トイレが無い場所では周りにも配慮をしたいところです。

 

(後追記)

2018年、猛暑で熱中症が大問題になってきています。

暑い夏に釣りに行く際にも、水分補給を十分に。冷たいものをクーラーボックスにしのばせて行きましょう!

熱中症になると寝たきりになってしまったり、重い後遺症が残って健康な日常生活を送れなくなったり、死に至る可能性があるのだそうです。

 

平素、運動ばかりしていたり、サウナなどばかり入っている人は、丈夫に出来ていると思いますが、そういった人でも無理は禁物ですね。取り返しのつかないことにならないよう早め早めに対策をしていきましょう!

 

【関連記事】
釣り初心者が恥ずかしく感じる瞬間。そして注意点。
初心者の竿の持ち方
釣り初心者を襲うライントラブル

TOP:トップ