釣り初心者が恥ずかしく感じる瞬間。そして注意点。




釣り初心者が恥ずかしく感じる瞬間。そして注意点。

ヨイショ!!

 

釣りを始めて仕掛けを付けて、はじめて投げてみる。

 

あんまり、飛ばないな。。。

 

もう一回やってみる。

 

今度は、リールのベール部(リールの先端に付いている金具の部分)が元に戻ってしまい、仕掛けが飛ばずに投げ失敗。

 

少し離れたところから、「シャッ、、シャッ、、」って音が聞こえてくる。

 

少し離れたところにいる釣り人を見ると竿の扱いがカッコよくシナって、様になっている。

 

自分とは違いがある。。。

 

何だか、少し恥ずかしくなってくる。自分は、なんてぎこちない感じの動きなのだろう。

 

何であんなに上手に投げられるのだろう。

 

そんな感じに思う時があるかもしれません。

 

私もこの瞬間がありました。

 

この時、一度家に帰って投げ方の動画をまたちゃんと見ようかなとも思いました。

 

でも、投げ方を勉強さえしていれば、あとは実際に竿を持って経験を積むしかないのです。

 

ゆっくりでいい。

 

少しずつ、自分のペースで投げてみる。今もまだ下手くそですけど、こういった点では周りは全く気にしなくなりましたね。気にしているのは危なくないかどうかだけです。

 

針は危ないから、いきなり上級者のマネをせず、自分で竿の動きやリリースするタイミングを掴みながら、ゆっくり経験を積んで上達していくしかないと思います。

 

若い人であれば、上達が早いのかもしれませんね。

 

でも、若い人でもいきなり勢いよく投げないこと。

 

周囲の迷惑にならないように、しっかりと確認してから投げること。

 

これが一番大切だと思います。

 

カッコよいとか、様になっているとかよりも怪我につながるようなことのないようにちゃんと注意をすること。

 

釣りの初心者であれば、ここに特に注意する必要があります。

 

それが一番大事で、誰も投げ方が初心者だなとか、ほとんど意識してないと思います。

 

危ない事してないかどうか、ここだけが最も人の注目するところだと思っておきましょう。

 

「危ない」ということに意識が向けば、ルアーなどを利用した釣りで、私が面倒だと感じる色々な釣り糸の結び方も本当に大切なことなんだと分かってくると思います。

 

それから、釣り場や釣り時間などについても同じようなことが言えます。

 

今の時間は潮の流れが悪いから、あまり釣れないかなという言葉を聞いたとします。

 

時期も違うし、あぁ、だから皆いないのかと恥ずかしく感じることもあるかもしれませんね。

 

確かに「釣りにくい」時期と時間帯が重なっているときに釣り場に来たのかもしれません。

 

でも、釣りの楽しさは「誰にも完全には魚の動きなど分からない」ところにもあるのです。

 

もしかしたら・・・という思いがどこかにあるから、声をかけていることもあるのかもしれません。

 





 

干潮時で真っ昼間で小潮であっても、釣れるときは釣れるものです。

 

釣り人がいない分だけ、釣りやすくなっている釣り場だってあるかもしれません。

 

場所によっても大きく釣果は異なるはずです。

 

だから、釣りをしている限り、どんなタイミングであっても恥ずかしく思う必要はないです。

 

でも、ここでも大切なことがあります。

 

雷が落ちる危険性のあるような天候の場合には、釣りはもちろん避けるべきです。

 

夜釣りであれば、落水は絶対にないように注意をしなくてはいけません。

 

特に塩の流れの早いところで、一人で夜釣りなんてことをする場合には特に注意して釣り場に行きましょうね。

 

このような時には、可能なら複数人でいくべきです。

 

安全を最優先にして、釣りを楽しみたいですね。

 

釣りに関連した言葉が分からなくて話が通じなくても、それも恥ずかしく思う必要はないです。

 

基本的に、釣りは竿と糸と針とエサがあれば出来ていたはずのもの。

 

それが色々と工夫をしているうちに、色々な竿やリール、糸、針、釣り方、仕掛け、ルアーを作り出していきました。

 

そこに色々な言葉が付けられていったのだと思います。

 

目的を定めて、釣具屋さんで単純な言葉で質問すれば、分かりやすい単純な回答が返ってくると思います。

 

その時に一つ一つ、新しい言葉を知っていく程度で全く問題ないと思います。

一人で釣りをはじめて、何だか恥ずかしさを感じたとき、大したことはないのだと初心に返って、本来、釣りってもんは・・・と考え直すべきです。

 
【関連記事】
 釣り初心者を襲うライントラブル
 釣り初心者の釣り方と、釣るときに意識する点
 釣り初心者、常夜灯をおさえる
 
TOP:トップ