釣り竿選び 「釣り初心者セット」の次




初心者用の釣りセットの次に買う竿は?

出来る限り、どんな釣りにでも対応できる竿は?

このあたりの件について、釣り初心者である私が調査したり考えたりしたことをまとめています。

随時、更新していく予定です。

 

アジングロッドとメバリングロッドは、どう違うのか?

そもそも、私が持っているアジングロッドは、アジング&メバリングっていう感じの表記がありまして、アジとメバル両方に対応しているもののようです。

 

でも、竿の種類にはアジングロッド、メバリングロッドというものがありますね。

 

この違いは、より魚体に合わせたロッドになっているかどうかということだそうです。

 

アジは口の上下は強いですが、横の入り口部分なんかを見ると、薄く透き通た感じになっていて本当に弱いですね。

 

この部分に針が掛かって、口切れを起こしてランディングに失敗するケースもあるようです。

 

口の横に掛かっていても、少し奥の方に掛かっている場合には大丈夫ですけどね。

 

よって、アジの竿、アジングロッドでは、口の上に掛けるようにするために、竿先がメバリングロッドよりも、少ししっかりとしたものになっていることが多いそうです。

 

このような作りになっている前提として、アジングでは「合わせ」を行うという考えがあるようです。

 

私の話になりますが、私はそもそもアジ釣りでも合わせなんて行ってないです。

 

向こう合わせのようにして、ビビッ!ときたら少しだけ待って、それからゆっくりと引いてみる。

 

その時、またビビッ!ときたら、かかったね!と思って、リールを巻いています。

 

それで、全然問題ないです。逆に、少しの間を置くことで、針が口の少し奥に入るのでしょうか、針が外れたことはほとんど無いです。

 

だから、アジングロッドとメバリングロッドって、そんなに釣りの初心者が気にする差は無いと私は思っています。

 

私のアジング&メバリングロッドという括りの竿の存在から言っても、これがうかがえます。

 

釣りを突き詰めていくと、また、そこには大きな違いを感じるのかもしれませんけどね。

 

因みに、メバルは掛けて引くときに藻の方に逃げようとしますが、ここから引きずりだすためにメバリングロッドの方は竿先はアジングロッドよりも柔らかさがあるものの、バッド(根本)部分はしっかりと強さがある作りになっているようです。

 

たしかに、メバルは藻に隠れようとしますね。

 

でも、こういった時に無理やり引き出そうとするのはライン切れリスクを考えてもしないと思います。

 

少しラインに余裕を持たせて待っていると、スッと抜けて引き上げられることが多いように感じます。

 

だから、メバリング用に本体部分を強くしても、そこまでアジングロッドとの差が釣果の大きな差になるとは考えにくいですね。

 

結論として、アジングロッドとメバリングロッド。釣り初心者がこの差を意識して、釣り竿を分ける必要なし!とします。

 

「いやいや、ちょっと待って!お兄ちゃん!!」

 

と言われそうな気もしますが、そういったことがあれば、逆に是非聞いてみたいところです。

 

私も釣り初心者なもので。。。

 

あ、そういえば、私の持っている竿はアジング&メバリングロッドなので、通常のアジングロッドよりもメバリング力があり、バッド(根本)部分に力強さが少しあるのかもしれませんね。

 




 

アジングロッドとエギングロッドは、どう違うのか?

やはり、エギングロッドの方が圧倒的に高負荷に耐えられるようになっているということでしょう。

 

それから、エギをキビキビと動かすために竿先もアジングロッドよりも固くなっているようですね。

 

そもそも、エギの重さに耐えられなければダメという点があると思いますね。

 

でも、ここで超初心者の私、さらに、考えたり調べたりせずに行動が先にくるタイプの人間だから分かっていることがあるんですが、えーとですね。

 

40グラムのダイソーさんのジグをですね、投げたことがあるんですよね。私のアジング&メバリングロッドで。

 

普通に考えれば、竿折れるでしょ!止めときな!ってレベルの話だと思うのですが、確かに、これは無理だなと思い、あまり長い時間はやらなかったと思いますけども、そんなことをしていた記憶が確かにあります。

 

もちろん、上級者の方のようにピシっ!!と強く投げていたわけではないですが、それなりに30メートルくらい飛ばしていたと思います。

 

ラインはナイロンの1号です。

 

竿先が曲がり過ぎて、これはダメだ!という感じで止めたんです。

 

この時の記憶を元に考えると、20グラムくらいまでなら全然イケそうという感じがあります。

 

エギを選べば、私のアジング&メバリングロッドでも、エギング出来てしまう!!!かも。。。と思いました。

 

ロッドの不安よりもラインの方でしょうかね、不安は。これをもう少し強くした上で、15グラムのエギなどで試すのはありですね。

 

竿って思ったより、強く出来てるんですね~。

 

それから、補足情報ですが、私ははじめにアジング初心者用のセットと、釣り初心者セットと二つを購入したのですが、釣り初心者用セットの方にエギが付いてたんです。

 

釣り初心者用セットの方は、アジもメバルもイカもチヌもイケるってことだったと思います。

 

だから、釣り初心者用のセットって安くても、それなりに汎用性のあるセットだと思います。




 

アジングロッドとシーバスロッドの違いは?

アジングロッドとシーバスロッドの違い」よりも、まずは「エギングロッドとシーバスロッドの違い」を考えた方がよさそうです。

 

それでですね。私なりに調べてみました。

 

結論としては、シーバスロッドの方が折れにくい!そして、遠投しやすい!

 

さらに、竿先が柔らかい!感じのようです。

 

でも、エギングロッドもシーバスロッドも兼用できるとの見方をされていることが多いようです。

 

って、ことはですよ。

 

私のアジング&メバリングロッドでも、もしかして、、シーバス釣れんじゃね??って結論です。

 

ドラグを緩めたりしながら、上手に竿全体を使いこなせるかどうか、腕次第な感じがしてきました。

 

問題はラインでしょうね、やはり。

 

PEラインに替えたら、同じアジング&メバリングセットでシーバス釣れちゃうかも!!

 

となると、私の買った「アジング&メバリング」セット。

 

アジング初心者用のセットですが、かなり汎用的な使い方が出来る気がしてきました。

 

いや~、目からうろこ。。。まだ、分からんけど。視野が広がった感。

 

タイラバロッドとシーバスロッドの違いは?

シーバスって、かなり骨が太くてビックリしますよね。

 

魚体にパワーを感じます。

 

ということはですよ、パワーでいったらシーバスとタイって同じくらいなんじゃないのかな・・・と思います。

 

ただし、堤防タイラバではない限り、鯛ラバではキャストしないし、シーバスロッドよりタイラバロッドの方が竿の長さも短いことが基本になると思います。

 

また、タイラバ用のオモリ100グラム前後までの負荷にも耐えられるだけ強さもないとダメですよね。

 

シーバスロッドでは、これは無理でしょうね。少なくとも私のアジング&メバリングロッドではさすがに限界の先の限界すらも超えてるでしょう。

 

このようにして、見えてきたのは鯛ラバロッドの方が短くて強く、折れにくいということでしょう。

 

鯛ラバロッドでは遠投性にもかけるので、シーバスロッドに比べると汎用的なロッドとは言えないようです。

 

竿選びの結論

以上より、アジング&メバリングロッドでシーバスを釣り上げる腕が最強なのかもしれない。

 

でも、釣り初心者がどんなものでも使える釣り竿を求めた場合、一番良い竿はシーバスロッドである!!と結論を付けることにしました!

 

それも、シーバスロッドの中でも少し柔らかめで、かつ長さが2メートル半ばくらい~3メートルまでのもの。

 

これが扱いやすく機動力もあり、ある程度の遠投も出来るのではないでしょうかね。

 

そして、潮の流れが速い場所で、より遠くへ投げて仕掛けをコントロールしたいということであれば、やはり、重いオモリを投げられる遠投竿が必要になってくるとの結論です。

 

つまり、シーバスロッドと遠投竿があれば、どんな堤防からでも幅広く釣りが楽しめるのではないでしょうか。

 

結論:堤防釣りを制するためには、「シーバスロッド」と「遠投竿」を手に入れよ!!

 

【注意点】

  • 釣りの初心者が自分で勉強しながら書いているものですので、完全に信じないようにご注意ください。私の現時点での結論です。竿決定においては、最寄りの釣具店の店員さん等にご相談くださいね!
  • 釣り初心者である私のような人間が、初心者用の釣りセットから次の段階に行くために調査して考えているものです。誤認識などあるかもしれませんので、ご注意ください。

 

【関連記事】
釣り初心者のノウハウ習得。リフト&フォール♪シャクリ♪
釣り初心者、「合わせ」をどうすべきか。
釣り初心者が竿の心配をするくらいなら

TOP:トップ