釣り初心者さんにオススメの釣り具について




釣り初心者さんにオススメの釣り具について


釣りとの出会いでも書きましたが、私の近くには釣りをしている人がおらず、誰も釣りを教えてくれる人がいなかったので、はじめに教科書付きのアジング初心者用セットと、水汲みバケツなどが付いて、すぐに釣りに行くことができる初心者用の釣りセットを購入しました。

 

両方とも後悔はしていません。

 

合わせて約1万円程度だったと思います。

 

これに小さ目のクーラーボックスと魚をつかむ道具を付けて、合計で1万3~4千円程度だったかと。

 

そのくらいの金額投資で得た「楽しさ」は想像以上のものでした。

 

そんな私が今振り返っても、釣りの本当の初心者さん、釣りが初めての方にオススメする釣り具となると難しいなぁと思います。

 

選択が難しいという意味です。

 

正直な感想だけを言ってしまうと、購入したものには本当に満足しているのですが、ただ、アジングセットではない方のセット、水汲みバケツなどが付いた方の釣り初心者用セットの竿とリールはもう少し良いものだったら良かったなぁと今は思っています。

 

あと5千円出したら良い竿、良いリールを選べるなら、今なら良いものを選ぶと思います。

 

それでアジング用のセットは初めに一緒に買わなくても良かったかもと思っています。

 

初めに買っておくメリットもあったので、後悔は全くしていないし、どちらかというと満足してはいるのですがね。。。2つを比べることで、リールや竿の質の違いがハッキリと認識できたのです。

 

でも、こればかりは本当に分からないものです。

 

そもそも、釣りにどれだけ行くのかも人によって異なりますしね。

 

だから、釣り初心者さんはとりあえず釣りが出来るということを目的にするのだから、レビューでも評価の高い初心者用セットを一つ購入するのが、やっぱり良いのかなと思います。

 

一方で、竿とリールで一万円位のものを選んだ方が良いですよ!!と言っている人もいると思いますが、ハッキリ言って、これもその通り!というものです。

 

ただ、釣りをやってみたけれど、やっぱりそこまで好きにはなれないとか、そもそも忙しくて年に2回くらいしか行けないなんて人もいると思います。

 

だから、オススメって本当に難しいです。

 

やっぱり、初心者用のセットをネットで購入するのが安上がりですが、釣具店で相談して初心者セットを購入してもOKですね。

 

専門の方が教えてくれるので外すことはないはずですし、安心感があります。




基本となる釣りセットはネットで購入したり、釣り具量販店で購入するなどして、サビキが追加で必要になったり、ジグやオモリが必要になったりした際にはダイソーさんやホームセンターを利用するとよいと思います。

 

ダイソーさんの白の羽が付いたサビキ(ハゲ皮)はアジのかかりが素晴らしいです。

 

アジ釣りの際はオススメです。かなり。

 

一方、根魚系を狙う際は赤い方のサビキを活用してみてください!これも、オススメです!

 

「根魚」とは海中にある岩など障害物の際に多く生息している魚のことです。

 

メバルとかカサゴといったものをサビキでも釣りあげることが多いと思います。行動範囲はあまり広くない魚です。

 

一度、釣れた場所では継続的に釣れる傾向がかなりあります。

 

カサゴを味噌汁のダシにすると非常に深みがあって美味しいです。

 

ラインについて、釣りに3回~4回行ったら新しいものにまき替えているという人も意外にいるようですが、これまでの経験上(大変短い経験になりますが)、全然まだまだ使えます。

 

早めに替えた方が根がかりロスト率や、引っ張られてラインが切られたりする可能性も減るとは思いますが、使用後にちゃんと水で洗い流すようにするだけで全然違うようです。

 

特に子アジ釣りなどをしている間であれば、そんなに簡単に引っ張られてライン切れすることはないと思います。

 

どちらかというと、どこかにラインを引っかけて強く引っ張ってしまったとか、そういったことでラインが著しく劣化するので、そのような行為をしてしまったら、少し早めに取り替えることを意識しておくとよいと思います。

 

ただし、サビキに関しては一回の釣りで終わりかなという印象です。

 

台紙などにちゃんと巻いておけば、次回も利用できますが、やはり劣化している感じがしますし、サビキに付いている光ものも鮮やかさに欠ける状態になってくると思います。

 

ですので、釣果にも影響している印象です。

 

使用後スグに釣りを追えたのであれば、しっかり洗い流して次回も使いたいところですが、一日使い込んだら、もう替えた方がよいと思っています。

 

釣り具全般ですが、釣りが終わって家に帰ったら必ず水で洗い流すようにしています。

 

これはオススメというよりは、必須行為のようです。

 

リールは取り外して、そのまま水にドプンと付けて、しばらく放置してもよいでしょう。

 

竿のガイド部分(糸を通す穴)も水でしっかりと洗い流しましょう。

 

安価な竿は、潮を抜かないとこの部分がすぐにサビてきますよ。





それから、リールに巻いているラインですが、そのままだとビヨーンと飛び出してしまいますよね。

 

これを防止するためにも、使用後はリールのライン部分に女の子が髪の毛を括るヘアバンドを巻きつけておくとよいと思います。これも、ダイソーさんにありますよ!釣り具の収納でもダイソーさんはフル活用しましょう。

 

最後に知っておいた方がよい初心者用の釣りセットのデメリットについて書いておきます。

 

それは、竿が長く扱いやすいというメリットと引き換えに、どうしても避けられないことですが、竿が短めであることから、堤防釣りにおいては堤防の壁面と竿先の距離が近くなります。

 

これはこれで、真下に泳ぐメバルやカサゴなどをねらう際には都合が良いのですが、ここに海藻類が生えていることも多く、そこは根掛かりがしやすくなります。また、海面に流れてきた海藻類のたまり場があっても同様です。

 

このようなところに仕掛けを引っかけやすくなるのです。

 

だから、初めはこのような箇所を出来る限り避けて釣りをすることもオススメします。色々と釣り上げた後で攻めていく方がよいです。

 

この点の話は、ここから先もあるのですが、話題がズレるのでここまでにしておきます。

 

釣り場の状況から、避けられないときは竿を立てて引いてくるようにして、真下で根がかりしないように気を付けておくしかないですね。
 
【関連記事】
 釣り初心者が竿の心配をするくらいなら
 根掛かりでサビキとラインを無駄にしない方法。ローコストなサビキ釣りノウハウ。
 釣りの初心者さん!「色」ってスゴイよ!!
 
TOP:トップ