根掛かりでサビキとラインを無駄にしない方法。ローコストなサビキ釣りノウハウ。




 

根掛かりでサビキとラインを無駄にしない方法。ローコストなサビキ釣りノウハウ。

「糸が細い方が釣れる。」

 

ネットでこういった情報に触れて自分の釣果を思い返したのですが、確かにそうだなと思いました。

 

私は、釣りを始めた時に釣り初心者用のセット商品と、アジング初心者用のセット商品を購入したのですが、アジング用の方が釣り糸が細いものだったんですよね。

 

そちらの方が使用回数は少ないはずなのに、そのアジング用の方のラインにサビキをセットして釣りをした時の方がアジのかかりが素晴らしかったのを覚えています。

 

アジング用の竿を使っている時の方がアジが何匹もサビキに喰いついていることが多い。

 

そんな感じです。

 

これが釣り糸による影響だったと断定することは出来ませんが、今後この点を意識して釣りをしていこうと思います。

 

私のジグサビキの釣り方だと影響が大きくなるとか、その時のアジの活性がたまたま良かったとか、天候による影響など、色々な要素があると思うので、今後糸の太さによる違いを意識していこうと思います。

 

こんな状態なのに、なぜか釣り糸が細い方が釣れると感じたかと言えば、アジングセットよりも釣り初心者用セットの方が圧倒的に使用回数が多かったのです。

 

その中でも、複数匹かかることは意外に少なかったのに、アジング竿を使っていたときには複数匹が何度も掛かっていたのです。

 

もちろん、釣れなかった時もあったわけですが。

 

だから、今の時点で断定することは出来ないものの、「釣り糸が細い方がたぶん釣れるな。掛かりがいいな。」と確信している感じです。

 

ですが。

 

それでも、私の釣り場環境から言えば、初心者用セットの方にサビキを付けるべきとの結論に至っています。

 

実際には、初心者用のセットについてた釣り糸を今では3号から4号にして使っている程です。

 

矛盾した行動に見えると思いますが、これには理由があります。

 

それは、サビキ使用時の「根掛かり」対策でもあり、長くサビキ釣りをするための工夫でもあります。

 

因みに、根掛かりの対処方法は少しラインを引っ張って、緩める!

 

立ち位置を変えて、これを色々な角度から行うと外れることがあります。

 

これでも外れない場合にはラインを手で持って、ゆっくりと力を入れて引っ張ることになります。

 

このとき、無理やりラインを引っ張って切ることになりますが、どこから切れてくれた嬉しいですか?

 

根がかっている針の部分だけ切れてくれたら、他はまだ使えるから嬉しくないですか?

 

特に根掛かりを多く発生するような釣り場でサビキ釣りをするなら、これは意識しておきたいところです。

 

根掛かりする度に、サビキごと全部ロスト!!ジグサビキならジグも含めて全部ロスト!!って結構痛いと思います。

 

それが100円であっても嫌ですよね。毎回は。

 

それに、そんなことを繰り返しているなら海に大量のサビキ仕掛けやジグを捨てていることになりますね。

 

気持ちの上でも私は避けたいです。

 

そこで、考えたのが釣り糸を太くすることで、根掛かりしてどうしようもない状態になっても、サビキの針の部分だけをロストする方法です。

 

その方法は、単純に釣り糸を4号にすることだと今は考えています。

 

4号であれば、一番負荷がかかるライン部分は4号ですので、かなりの負荷に耐えられます。

 

これによって、次に負荷が掛かる針とサビキ仕掛けの結合ライン部分が引っ張る負荷に耐えられなくなり、そこが切れることになります。(こうなることが非常に多いはずです。)

 

細い釣り糸を使っていると、どうしてもサビキ部分ではなく、この細い釣り糸部分に負荷が最もかかるので、そこから切れやすくなります。

 

そこから切れてしまうとサビキ仕掛けを丸ごと海にロストすることになるのです。

 

それなら、サビキの一つの針だけが海に残された方がまだマシだという判断です。

 

釣り糸を4号にすることで魚のかかり方が弱くなったとしても、一度の根掛かりでサビキ仕掛け全ロストするリスクを軽減できるなら、そちらの方が良いという判断をしています。

 

もちろん、使用するサビキによっては4号ラインでもダメかなというケースもあると思いますよ。

 

それから、サビキの針を複数引っかけてしまっている場合も厳しいです。藻が沢山ある場所などは特に注意したいですね。

 

堤防の真下を攻めているときは、出来だけ隅を狙って仕掛けを落としてしまいたくなりますが、海藻類が多い釣り場では特にグッと我慢しましょう!

 

それぞれの仕掛けで最適なことを考えるべきだと思います。

 

海にゴミも捨てないで済み、サビキの一部分だけをロストするだけで済みます。そうすれば、そのまま釣りが続行できますね。

 

これを考えれば、釣り糸を太くした方が良いでしょう。
釣り場に応じで最適なタックル、常識が違うってことがサビキ仕掛けを通して、私にも分かってきました。

 

さらに!!

 

私はジグサビキを愛用していますが、根魚系をねらって堤防の壁際を攻めるとき、ジグをオモリとして使わず、通常のオモリを使うようにしています。

 

リフト&フォールを繰り返して、ジグ(ルアー)を泳がせることはしないので、ジグに集魚効果をあまり感じないためです。

 

その一方で、赤やオレンジのシリコンシートの欠片をサビキ針に通して、ここにインパクトを持たせています。

 

これでさらにジグをロストするリスクも減らせますし、根魚を強く引き付けることが出来ます。

 

 

(後追記)

ジグサビキで使用するジグの針を取っておいて根掛かりリスクを小さくすること、それから、ジグの大きさを少し大きめのものを選んだ方が良いと思います。

 

針を取っても壁際に点在する凹凸にハマってしまうリスクがあります。もちろん海底の凹凸についても同様です。小さい方が色々な隙間にハマってジグをロストしやすいと感じます。

 

 

【関連記事】
釣り初心者、「合わせ」をどうすべきか。
釣りの初心者さん!「色」ってスゴイよ!!
満潮と干潮、大潮と小潮

TOP:トップ