釣り針の結び方

釣り針の結び方





 

 

うまく安価に釣りを始めることが出来て、実際に魚を釣ることも出来て、それを色々な釣り場で楽しむと、色々なことが見えてきます。

 

その中で「釣り針の結び方」を覚えておくと、釣りの経済コストがグぅと小さくなると思います。

 

色々な場所まで釣りをしに行ったり、旅行や出張のタイミングで釣りをしたりする場合もあると思います。

 

その場合には、なるべく小さな荷物で済ませたいですよね。

 

経済コスト面でも、色々なところに持ち運びやすいという点でも、仕掛けではなく針を持っていくという手もあります。

 

針自体は安価で手に入るし、エサは行った土地で購入すればよいでしょう。

 

基本、魚は色々なものに喰いついてくるようです。魚肉ソーセージなんかは結構使えるようです。

 

カニカマや小魚、魚の切り身、イカの塩辛なども使えるようです。私はやったことないですけど。

 

ですので、針を糸に結び方法さえ身に付けていれば、とりあえず釣りをどこでも安く始めることが出来てしまいます。

 

サビキがないから無理~なんてことにはならないですね。

 

結ぶ方法としては色々なものがありますが、私が一番分かりやすくて覚えやすいと思った結び方は「内掛け結び」という方法です。

 

これだけを覚えておくだけで、釣りの戦闘力がアップした感じがします。

 

地味なことではあるんですが、でも覚えておくと本当に安心感があります。

 

釣りをどこでもやりやすくなりますし、サビキでも大してコストは変わらないという人もいると思いますが、基本的にサビキは一回使ったら、かなり劣化する印象で使い捨て感があります。糸や針ともに。

 

その点、仮に一回で針を同じように変えたとしてもロストするラインの量は全く違ってくると思います、、と言っても、サビキ釣りの方が下だと言いたいわけではありません。(サビキ釣りは、はじめて釣りをする人や釣り初心者の方に一番オススメの釣り方です。)

 

色々なところで色々なシチュエーションで釣りをするなら、それは時間的にも限られた中でやったり、別に一日かけてやるものばかりではないでしょうし、その中で最適な選択の釣り方に、サビキ以外の選択も入れておくと経済的にも気分的にも気軽に釣りに行けるのではないという話です。

 

あと、もう少し釣りをしていたい。

 

でも、新しいサビキを袋から取り出す?

 

ん~、そこまでではないな、やっぱり止めとこというタイミングなら、既に釣れた魚を切って餌にして、そこに針をかけて釣り続行!なんてことも出来ると思います!

 

そういった時に、これまでとは違った魚種がかかることもありますし、釣りの楽しさも膨らむと思います!

 

ですので、針と釣り糸の結束方法は時間がある時に一つだけでも覚えておくと役に立つことがあると思います。
 

【関連記事】
 釣り初心者が竿の心配をするくらいなら
 釣り初心者のお祭り!絶対気を付けよう!!
 釣り初心者の悪い慣れ
 
TOP:トップ