爆釣モードに突入後




 

爆釣モードに突入後


まだ釣りを始めていない人には想像が付きにくいかもしれませんが、爆釣モードに突入することがあります。

 

竿を入れたら、すぐに釣れる。

 

少し時間が空くかなと思ったら、また次々に釣れはじめる。

 

それも、なぜか自分だけがかなり運よく釣れるケースもあるのです。

 

そんなとき、まわりはガッカリしているかもしれません。

 

そもそも、そんなに釣って持ち帰っても魚を処理するのも大変。

 

十分に釣れたら、全く連れてなさそうな人に少し分けてあげてもよいでしょう。

 

特に、釣りにまだ来たばかりという初心者さんなんかがいたら、少し分けてあげると喜んでくれるかもしれません。

 

声をかけてみてもよいでしょう。

 

釣り場が家から近くなって気が付いたのですが、釣りをすることはいつでも出来ていつでも魚が手に入って、好きなだけ食べられる。

 

いつでも。

 

そう思うと、特にそんなにガッツリ持ち帰らなくても良いですよね。

 

もう冷凍庫も一杯になってきたという状態であれば、なおさらね。

 

そういった時は、釣れていないまわりの人で欲しい人に分けてあげましょう。

 

そのようにして、釣りの楽しさはさらに増していくと思います。

 

自分の楽しさだけでなく、誰かが釣りを通して良かったなと思ってくれれば、楽しさも増してきますし、足りない人のところに魚が渡った方が釣る喜びも大きくなりますね。

 

自分の分はとりあえず十分に釣っているという前提が必要ですけどね。

 

十分に釣ったら分けたらよいと思います。ほんと。十分にあるのだから。幸せな環境だと思います。

 

いつでも取れるのだから。

 

だから、小さすぎる魚もなるべく逃がしてあげましょう。

 

大きくなってから、頂いたら良いのだと思います。

 

傷をつけてしまった魚は逃がしても、おそらくそのまま死んでしまうので、持ち帰って、食べるようにしたらよいのではと、今はそう思っています。

 

それから、爆釣したのであれば、なおさら鮮度を保って魚を持ち帰りたいですね。このあたりについては以下の記事で取り上げています。
魚の持ち帰り方

 

【関連記事】
釣り初心者のお祭り!絶対気を付けよう!!
釣り初心者の悪い慣れ
釣りは女性だと始めにくい?
釣り初心者がおさえておきたい撒き餌に関すること

TOP:トップ