釣り初心者、「合わせ」をどうすべきか




 

釣り初心者、「合わせ」をどうすべきか


竿にピクピク!!というアタリを感じて、ウリャー!!と竿を引き上げて合わせてます?

 

私はこの行為をほとんどしていません。

 

初めからそうでしたね。

 

なぜなら、それでもちゃんと針に掛かっているからです。

 

魚によって違うのかもしれませんが、サビキ釣りをしている中で「合わせ」は意識してないです。

 

ビクビク!!というアタリが来て、弱まる。

 

それからゆ~っくりと竿を上に動かすか、リールを巻いてみる。

 

そこで再度、ビクビク!!ときたら、あぁ掛かったなぁと思って巻いてますね。

 

リールを巻く速度は遅くもなく早くもなくという感じにしています。

 

アジやサバはアタリが分かりやすいですが、メバルは少し分かりにくい。

 

だから、堤防の壁面などでビクビク!!って明確に感じたら、ゆっくりとリールを巻いて、それでも何も感じなくても、そのまま巻き取っています。

 

メバルやカサゴは、はじめの一発目のアタリしか感じないこともあります。

 

だから、アタリが来て竿をヒョイッと引き上げる(合わせる)という行為自体をあまりしていない感じです。

 

アタリが来たらすぐに合わせることを即合わせと呼んでいたり、しばらく待ってから合わせることを遅合わせと呼んでいたりするようです。

 

魚種によって色々あるようですが、基本は釣り針と魚を意識しておけば良いのかなと思っています。

 

釣り針って、どれも相当引っかかりますよね。

 

ふと気が付くとリュックに針が引っかかっていたり、コンクリートの溝に掛かっていたり、手に刺さる時なんかは本当に恐ろしいほど刺さりやすい道具だと分かります。

 

これは魚でも同じだよねという意識があったので、そもそも合わせなんかしなくても針に触れてしまったら、かかってしまうはずというイメージがあったのです。

 

実際、今のところ合わせをしなくても掛かりよしです!

 

私のような対応を「向こう合わせ」とか言うようです。勝手に向こうが動いて針に掛かってくれることからのようです。

 

海釣りは基本的に、この「向こう合わせ」で問題ないようですが、中型、大型の魚をねらうようになったら、また魚によって対応を変える必要が出てくることもあると思います。

 

魚を知り、対応を変えていくということでいいのかなと思います。

 

あと、仕掛けの針がそもそも魚に掛かりにくいようなケース、エサを針に巻き付けて、針が隠れている場合はタイミングを見てある程度しっかりと合わせる必要があるのかもしれませんね。

 

【関連記事】
 釣り初心者のノウハウ習得。リフト&フォール♪シャクリ♪
 根掛かりでサビキとラインを無駄にしない方法。ローコストなサビキ釣りノウハウ。
 釣りの初心者さん!「色」ってスゴイよ!!
 
TOP:トップ