潮目をねらう理由




 

潮目をねらう理由、潮目の狙い方

釣りをしていると、ボーっとしているときってありますよね。

 

青い空を眺めながら天気の良さを気持ちよく感じていたり、遠くの海を眺めていたりして、リラックスできますね。

 

それから、ふと海面に目を向けると、いつもよりクッキリと模様を感じたりします。

 

海って、均一になだらかで滑らかなではないんですよね。

 

その時に目にすることになるもの。それが「潮目」です。

 

まるで海面に異なる領域があるかのように見えます。

 

異なる種類の海流がぶつかっている節目ポイントです。

 

この領域の境目、これが潮目です。

 

そして、潮目が良く釣れると言われることが多いです。

 

その理由はプランクトンがこの付近に流されて留まることによって、それをエサにする小魚が集まり、さらに、その小魚をねらう中型大型の魚が集まるということだそうです。

 

キャストする際には、単純なエリア位置だけでなく、潮目を通過するようにねらっていくことも釣果につながると考えられることが多く、ここがねらい目となります。

 

集まっている魚を警戒させないためにも、潮目のど真ん中に落とすのではなく、潮目の少し先から潮目に向かって引いてくる感じがよいと思います。

 

この潮目は海流が複雑に交錯するところほど、時間とともに大きく変動します。

 

それは時間とともに潮目をねらいやすくなったり、この逆になったりとありますので、ねらいやすい潮目があれば、とりあえずねらっておくとよいと思います。

 

さらに、ナブラが湧いたなんてことを目撃したら、そこもねらい目になります。

 

「ナブラ」とは、大型の魚が捕食のために小魚の群れを追い回し、小魚が逃げ回って水面まで上昇し、水面で「パシャパシャ」と跳ねている現象です。

 

ナブラをねらう場合にも、ナブラの発生ポイントめがけて投げずに、ナブラ発生ポイントよりも少し遠くに投げて、ナブラ方向に表層を泳がせるか、ナブラの進行方向に早めにキャストしておいて、ナブラが通過するのを待ちましょう。

 

魚が警戒して逃げてしまわないないように、直接ナブラのど真ん中をねらわず、さらに、キャストの際はなるべく低い弾道で投げるようにしましょう。

 

上から「ドっ、ボーン!」と落としてしまうと、それも魚の警戒心を高めてしまうことにつながると思います。

 
【関連記事】
 釣りの初心者さん!「色」ってスゴイよ!!
 満潮と干潮、大潮と小潮
 夕まずめ、朝まずめ。釣り人の朝が早い理由。
 雨の日の釣り。天気の捉え方。
 
TOP:トップ