雨の日の釣り。天気の捉え方。




 

雨の日の釣り。天気の捉え方。


釣果には満潮と干潮、大潮と小潮、朝まずめと夕まずめの他に、天気の影響もあると思います。

 

少しだけ、雨がしとしと降っているときや曇り空のときには釣果が良好な場合が多いなという印象を私は持っています。

 

雷の危険性があるようなときはダメですが、シトシト雨が降っている時って、釣り場には人が少ないんですよね。

 

雨に濡れるのを嫌がる人も多いし、確かに足元も濡れていて危険度が増すこともあると思います。

 

でも、雨がシトシト、小雨の時って、釣りやすいことが多いです。

 

これには、釣り場に人がいないことが多いことや、昼間でも少し暗いので魚の警戒心が緩み、活発に活動していることがあるようです。

 

釣り場に人がいなければ、色々なところに自由に投げることが出来るので、攻めることのできる範囲が広がることもあるのかもしれません。

 

釣りを始めたばかりの頃は、天気が悪いと釣れないというイメージを持っていたのですが、今は違う印象を持っています。

 

雨の日の釣りには色々な見解があると思いますが、ザーザー降りのときは、雷等の危険性も含めて釣りをすべきではないと思いますが、この危険性がないタイミングなら、意外と釣りやすいことが多いのではないでしょうか。

 

私が爆釣をはじめて経験したときも、雨がシトシト降っていました。

 

それから、雨が上がった直後も地面などが濡れていたりすることもあり、釣り人が少ないことが多い気がしますが、雨が上がった後も、魚の活性が良いことが多いような気がします。

 

天気の状態によっては、「あれ、まだもしかしたら降るかもしれない。」と思う人が多いこともあり、おそらく「今日は、やめとこ」という選択をする人が大勢いると予想できます。

 

雨上がりの後の夜釣りは、特に人が少ないこともあり、穴場の爆釣スポットが取り残されていることが多いのではないでしょうか。

 

そんな気がします。

 

そんなタイミングにもし釣りに行けるようであれば、試しに行かれてはいかがでしょうか。特にこれまで何となく行かなかったということであれば。

 

釣果はもちろん保障できませんが、思ったよりも良い結果につながることが多いと思います。

 





 
【関連記事】
 満潮と干潮、大潮と小潮
 潮目をねらう理由
 夕まずめ、朝まずめ。釣り人の朝が早い理由。
 雨の日の釣り。天気の捉え方。
 
TOP:トップ