釣り初心者、釣り場の漁業権を意識しよう!




 

釣り初心者、釣り場の漁業権を意識しよう!

釣り初心者、釣れ始めたら釣りにハマってしまいますよねぇ。。。

 

あの「ビクビクっ!!」という竿の感覚が動物の脳みそを刺激するんだと思います。

 

そのためか、釣りをはじめた時期がかなり寒かったのに自分でも驚くほど釣り場に行っていました。

 

で、その時には釣り場について全く知識が無かったのですが、その釣り場でも「漁業権」という法的に確保された権利が存在しています。

 

ショアからの釣りでも「漁業権」の意識を持つべきだったのです。

 

思い出せば、釣りをしていたところ「海藻」だけを集めている方々がいたのですが、全て漁業関係者の方で「漁業権」で認められているから海藻を取っていたのです。

 

はじめは「海藻を取っているんだ」という単純な印象しかなくて、漁業権とか漁業関係者の方とかそういう意識すら全く無かったんですよね。

 

地方では当たり前の光景なんだろうな・・・といった感じであまり意識すらしてませんでした。

 

それから、たまに釣り場で話しかけられることがあって、その中で「タコ釣りとか歩き回って迷惑かけて釣りをする人がいたら、別でやってと言っていいからね」といった内容の言葉がありました。

 

はじめは「タコ釣り」は歩き回ってするのかぁという印象しかなかったのですが、後から分かったのですが、これは「漁業権」を意識されていたんですよね、たぶん。

 

タコなど、漁業権で守られたものを取ってはいけないのです!

 

タコ自体、私は釣ったことはないのですが、こういった漁業権で守られたものを釣って持って帰ってはダメなのです!

 

ショアからの釣りでも色々あるのかぁ・・・という思いに至ったのは、こういった発言を聞いたかなり後のことでしたね。

 

幸い、漁業権で守られているようなものを持ち帰ったのは漁業の方から「よかったら持って帰って!」と海藻を頂いたときくらいでしたね。

 

つまり、ハッキリ言うと、釣り場を見ている瞳には「漁業権を犯すんじゃないぞ!」って瞳も当然あるってことです。

 

当たり前のことですが、この当たり前のことすらも全く意識していないのが釣り初心者のほとんどのハズ。

 

釣りよかさん動画を見ていたときにも、これ持って帰ってOKか確認する!みたいなシーンがありますよね。

 

あれも「漁業権」についての確認です。

 

自分の釣り場の漁業権の状態については、以下のサイトでチェックできるので参考にしましょう!
http://www4.kaiho.mlit.go.jp/CeisNet_mobile/gyogyo.html

漁業権マップ内の記述の意味ですが、こちらの兵庫県のサイトが分かりやすかったです。
http://www.hyogo-suigi.jp/Fishing/right.html

 

で、こういう知識が付くとですね、「夜釣り」って結構疑われるのかも・・・って印象が芽生えたりしますが、ショアからの釣りに関しては「漁業権」を意識して守り、マナーも守って釣りをするだけで十分と思います。

 

たまに撒き餌が釣り場に残されていることがあるんですが、自分が釣り場を去る時にはちゃんと綺麗にすることも大切ですね。

 

それから、ビニール袋とか風で飛んでいきやすいものは絶対にカバンの中などに入れておくことですね。




漁業権って、おかしい部分があるのかも

その後、タコ釣りを実際にする人と遭遇したんですよねぇ~。

 

会話の中で「タコ釣り」していると自分で言われていたので、たぶん漁業関係者の方だろうと思いますが、私とその方しか釣り場に人もいない状況で歩き回って釣りをしたところで全く迷惑にもならず、あとは漁業関係の方なのかどうかという点が気になりましたが、私が聞くことでもない気がして聞けませんでした。

 

「漁業権」って全く権利を持っていない私のような主体が何か言うべきことではない感じもするんですよね。

 

仮に言ったら、お前何様やねんって思われてしまいますよね。たぶん。

 

で、やっぱりショアからの釣りが漁業権で制限されること自体、無くしてしまった方が分かりやすい感じがしました。

 

漁業関係者の方々には怒られそうなことを言ってますけどね。

 

要するに、ショアからの釣り人が漁業権なんて意識する必要はない状態にして欲しいとうのが正直な感想です。

 

ショアでは漁業権なくしてよ!

 

単純に言ってしまえば、こんな思いが湧き上がってきます。

 

タコ釣りなどで人が多数いる釣り場の中で、歩き回って釣りをするマナーの悪い人に制限を課すべきかなぁと。

 

でも、これだと漁業関係者の方々だけが損をしてしまう形になるので、たとえば、その釣り場で釣った魚はAという漁業関係の方々にだけ売ることが出来て、その魚の購入費用については一定額まで税金を投入して漁業関係の方々の権利を確保するという方がみんながハッピーになるのではないでしょうか。

 

そうすれば、漁業関係者の方々にお金が入ってくることになりますね。

 

一人の漁師さん当たりいくらまでみたいな感じにすればOKなのでは。

 

魚の個体によるサイズ制限に下限を設けて釣り場を守っていくことや、サイズによる金額幅制限を設けること、架空漁師さんを防ぐために前年の売上実績などで制限をかけることなどを組み合わせればショアまで制限をかけて釣り場が解放されない今の状態から、みんなで釣り場を活性化させることにつながるのではないでしょうか。

 

漁業権はもっと柔らかく、もっと多くの日本人にとって有益な形にしていくべきと思います。




堤防釣りなのに密漁疑惑?

そもそも漁業権があるから密漁疑惑が生じるんですよね。

 

漁業権が堤防釣りまで縛るのはちょっと変な感じがします。

 

実際、堤防釣りをしている程度であれば漁師さんたちも色々な点で寛容な方々が多いようです。

 

堤防釣りまで漁業権を強く意識するようなことになるとですね、漁師になりたいと思う潜在的な子供の数も少なくなってしまうのではないでしょうか。

 

海の漁業権の範囲については、せめて船釣りとかボート釣りなどに限定してほしいものです。

 

釣りと密漁の境目が曖昧な状態は漁業関係者の方々にとっても、趣味で釣りをする人にとっても、よろしくない状態だと思います。

 

海に対する国民の意識が下がると「海」を雑に扱うようになるし、海を平気で汚すようになってしまいそうですし。

 

海に出来るだけ多くの人が関わりを持つようにするには漁業権のない場所が必要かなと思います。

 

海に対する魅力、地域に対する魅力も無くなり、人も少なくなり、漁業権が放棄される結果になってしまったら、みんなの損失ですよね。

 

人口が減少する国家において、海の漁業権についての見直しが求められる時代になっていると思います。




漁業権の売り買い、譲渡などの話題について

頭をリフレッシュして、一から思い直してみるとやっぱり堤防釣りで関わってくる漁業権って、おかしいでしょう。

 

ある朝、目が覚めて、今日は魚が食べたいなぁと思い海へ向かい釣りをする。

 

それで釣りをして魚を取って食べる。

 

これ、別にいいじゃないですか。

 

この行為に対して横から割り込んできて、ここでは取ってダメなものがあるよって話ですよね、漁業権って。

 

何言ってんの?って思いませんか。

 

これをアニメで描けば、漁業権振りかざしているのは強欲な悪役でしょう。

 

漁業権の売り買いとか譲渡とか、そういったビジネスがそもそも悪役の行動として描ける気がするのは私だけでしょうか。

 

もちろんプライベートビーチだからダメですとか、そういうのはOKだと思いますよ。

 

自分のところの土地に勝手に入らないでというのと一緒でしょうから。

 

でも、海はみんなのものでしょう。

 

堤防から海に大掛かりな罠でもしかけて漁をするわけでもなく、釣り竿1本2本でダメだ!という漁業権はどうかしているとしか思えないですよね。

 

船で海に出て、大がかりな罠などで漁をすることやマグロなど個体数の少ない魚種にだけ対して適用して欲しいものです。




釣り初心者、漁業権を知っておいて一番良かったこと

釣り初心者の私は漁業権について全くの無知だったのですが、その無知のまま次の釣り竿を買わなくて良かったです。

 

なぜって、タコ釣りをするわけでもないのにタコ釣り用の竿を買おうとしていたからです!

 

安かったんですよね。

 

それに、強くてアタリも取りやすそうだったので、高いショアジギング用の竿を買うならこのタコ釣り用の竿を買えばショアジギングに使えるし、かなり重めのオモリまで耐えられるし、いいな!って思ってたんですよね。

 

で、この竿には「OCTOPUS」という表記がありました(笑)

 

こんな竿で釣り場に行くことにならなくて良かったです(笑)

 

誤解されてしまうかも!って、こういう心配をする必要がない状態にして欲しいものです。

 

この心配の根本原因は、漁業権の範囲が堤防釣りにまで及んでしまうことにあります。

 

漁師さんも儲かって釣り人も儲かって、国民全体としても儲かる。みんながハッピー。

そういう漁業権であって欲しいものです。




漁師さんが頑張れるために

漁師さんには色々な制約が掛かっていますね。

 

マグロの漁獲量制限は大きく取り上げられました。

 

資源管理の他にも、より効率的に生産量アップ図りたいという思惑が国にあるようで漁師さんにとって今後さらに厳しい労働環境になりそうです。

 

漁のノウハウ蓄積や、気候変動に合わせた漁の変化などに即応するためにも、
海でより快活に動ける状態を支える必要があると思います。

 

この観点から言えば、やはりネックは新技術投入や新漁具投入に掛かる費用だと思います。

 

この部分にも一定額の税金を入れるべきと思います。

 

漁業、これ自体に公共性があり、発展性があります。

 

その未来志向に掛けるコストを漁師さん個人だけにリスク負担させてしまうと
漁の進化速度も遅いものになってしまいます。

 

リスクも漁師さんに全て負担させた上に、「漁師の効率が悪い」などと言いきってしまうことは、効率を重視しているようで、実際には効率や知恵を潰していることになる可能性があると思います。

 

スケール面での効率だけを重視すれば、網にかかって暴れて身打ちして苦しんだ末に死んだ魚、血が身にも回って美味しくない魚が多くなってしまう。

 

豊かな恵みをそのまま受け取ることが出来る環境を目指すべきでしょうね。

 

漁業や魚釣りに詳しくない政治家の意向で日本の豊かな恵みをしっかりと受け取れなくなってしまうことは避けて欲しいものです。

 

技術を進めた末に、逆に少しずつ大型漁船を使った魚を傷めつける漁法を禁止するなどのことを考えても良いかもしれませんね。

 

 

漁業の衰退、非効率は学歴最重要思考、都市一極集中思考を前提とする社会で加速したものです!

 

効率が悪いのは漁業よりも社会思想の方で、まずはこの点を見直すべきだと思います!!!

 

【関連記事】
釣り初心者の忘れ物 釣り場のマナー
釣り初心者にこそロッドベルト!使い方は簡単!
トリプルフックの根掛かりから考えるジギング
釣り初心者が釣り針の「ひねり」有り無し効果を理解する