トリプルフックの根掛かりから考えるジギング




 

トリプルフックの根掛かりから考えるジギング


「根掛かり」

 

これは釣り人にいつも付いて回る問題ですね。

 

別のところでも書いていますが、ジグサビキではこの根掛かり対策のためにジグのトリプルフックを外しています。

 

フックを全く付けていません。

 

これがジグサビキで根掛かりを防止するために私がやっている方法です。

 

実際、ジグサビキではトリプルフックなんて外した方が良い感じです。

 

何度もジグをロストして、このような印象ですね。

 

もちろん、釣り場によってはあまり根掛かりの心配がない場所もあると思いますが、私がいるところはダメですね。

 

根掛かりしてジグのロストが半端ないです。はい。

 

でも「ショアジギング」をする際にはフックを外したら意味ないですよね。

 

オイオイ!!って話です(笑)

 

一方で、根掛かりは避けたい。

 

で、どうするべきかと考えていたところ「トリプルフック」の根掛かり率は高いんじゃない?という疑問が。

 

これまでの経験で言えば、かなり根掛かりしやすい感じ。

 

ネットの情報を見ても、トリプルフックは根掛かりしやすいと感じている人が多いようです。

 

逆に言えば、フッキングさせやすいということでメリットと考えることも出来ますね。

 

それからトリプルフックのデメリットは、なんといってもバラシやすいということでしょう。




 

形状から言って魚の色々な動きを制限してしまうため、これは仕方がない感じがします。

 

で、結局はフッキングさせやすくバラシやすい。

 

あれ?!

 

メリットとデメリットを相殺してる!!

 

その一方でですよ、ショアからジグを投げるということは根掛かりした場合に竿を色々な角度に動かしたりしたところで、魚の動きのような力のかけ方は再現できないですよね。

 

竿のある位置は決まっていて、動かせるライン角度は決まっているわけですから。

 

ということは魚を捉えてる点で「バラシやすい」はずのトリプルフックが、釣り人にとっては「バラシにくい」ということになるはず。

 

魚が掛かってもマイナス点が見えてきて、根掛かりしてもマイナス点が見えてくる。

 

こうなるとジグのトリプルフックって、あんまり良いことないなぁという印象です。

 

シングルフックにした方がショアジギングにおいては根掛かりしない確率がグンと上がりそうです。

 

だから、ジグを買ってきたらトリプルフックを外してシングルフックにした方が良いかなって思っています。

 

これをした上で着底後にダダ巻きしないこと。

 

この2点で根掛かりを少しは防止できるのでは???

 

あ、因みに釣りよかさんが「メガバス」さん提供動画を発信されていました。

 

この中でジグの紹介があったのですが、根掛かりしにくい工夫がされているジグのようでした。

 

私自身はまだダイソーさんジグで腕を磨き中ですが、上手になってタックルなどもしっかりと揃えてきたらメガバスさんのルアーも使ってみたいですね。

 

高そうですが。。。

 




 

【関連記事】
ジグサビキでダイソーさんのジグがハゲた!復活!
釣り初心者にこそロッドベルト!使い方は簡単!
釣り初心者が釣り針の「ひねり」有り無し効果を理解する
TOP:トップ