釣り初心者の消耗戦 対スプリットリング編




釣り初心者の消耗戦 対スプリットリング編


ジグサビキ。

 

ダイソーさんのジグをサビキに装着しようとしたとき、買ったままの姿の「ジグ」を確認。

 

当然、ジグにはまだ針が付いていますね。

 

それもリングで接続されています。

グルグル巻きのリング、これが「スプリットリング」!

 

一方、グルグル巻きが無いリング、これには「ソリッドリング」「溶接リング」があるとのこと。

 

ソリッドリングは打ち抜き加工、溶接リングはその名の通り溶接して円形にしているのだそうです。

 

ソリッドリング

スプリットリングとソリッドリングや溶接リングの違いは、こんなところですね。

 

釣りをするまで知らなかった人がほとんどではないでしょうか。

 

話をジグサビキに戻しまして、、、ジグに針がついたままだと根掛かりしやすいし、もし少し大きな魚が喰いついてくれたとしても、たも網がないしランディングできない。

 

ならば、基本的にこの針は外しておこう。

 

ジグサビキではこれが妥当な判断。そういう時は多いと思います。
(まぁ、釣り初心者という前提ですけれど。)

 

で、スプリットリングからジグの針を外す行為に入るわけですが、この小さなスプリットリングをですね、指先で固定しつつリングに少し隙間を作ってその隙間にジグの金具を通そうとするわけですが、寒風の中だとこれが非常にキツイ!!

 

自分の指先をうまくコントロール出来なかったり、うまくいきそうになったら針が手に掛かってしまったりで、イライラしてきます。

 

でも、仕方なく毎回、毎回、特に疑問もなく指でリングをコントロールしつつジグ針を外していたんですよねぇ。私は。

 

時には地面に座り込んだりしながら、冷たい地面をお尻に感じながら。

 

でもこれは仕方ない感じでした。

 




 

 

冷たい風が吹きつける中では固定した姿勢じゃないとスプリットリングをうまくコントロールできないですからねぇ。。。

 

って。チョイ待って!!

 

いやいやいや。

 

「スプリットリングオープナー」を使えよ!って話ですね。

こんな感じのやつです。

私はこんな感じに装備しています。

こちらの記事で紹介していたやつです。
釣れたら針外しをすぐに出したい!
これは針外しにも使えるかなと思っています。

 

でも、このオープナーのサイズは少し小さいし、針外しならもう少し大きなものが必要ですかね。

 

ただし、通常のハサミサイズで、腰からブラ下げてると良くないですよね。

 

絞め用のナイフは言うまでもないです。

 

だから、これくらい小さいものは釣り場では結構すぐに取り出せていいなと思っています。

 

そもそもですね、家で準備していけばいいじゃんという話もあるでしょうが、それでも「スプリットリングオープナー」は楽ですよ。

 

温かい無風の室内でやるにしても。

 

たとえば、最近こんな感じでダイソージグを買ったんですが、ジギング用に元々の針を外してアシストフックを付けようと思っていますけど、この数だと「スプリットリングオープナー」の有り無しでかなり負荷が違うように感じると思います。

それにしても、釣り道具って高い。。。そんな中、安価な釣り具を提供してくれているダイソーさんは本当にありがたいです!

 

スプリッドリングとかソリッドリングって1個あたりの値段が1円以下という感覚なのですが、釣り具屋さんに行くと、この10倍から20倍はしてますね。

 

これも需給の関係から仕方ない面もあるのかもしれませんが。。。

 

でも、やっぱりちょっと高すぎないでしょうか。

 

さらに意味が分からないのがスプリッドリングはグルグル巻きにする手間が掛かっているはずなのに単に丸いだけの金具であるソリッドリングの方が平均的に高値で取引されているようです。
(ネットでいくつか見た印象だけの話ですけどね。)

 

それから金額の話とは別に、メーカーさんによって強度にも違いがかなりあるようです。

 

細かなことを言うと破断強度とか変形強度とかについても注意が必要で平均値を書いていたり、最低値を書いていたり、最高値を書いていたりすることがあるようです。

 

釣り具メーカ全体としては統一されていないですね。

 

まぁ、強度面を気にしだすのはジギングに入る時だと思うのでジグサビキをする際には関係無い話ですけどね。

 

でも、ジグを使う限りそのうちジギングをするようになると思うので釣りの初心者でもメモしておきたいところです。

 

釣り具って高い。

 

竿とかリールは安い価格帯のものも充実している感じですけど、仕掛けとか小物系の不足感と高額感はやっぱり仕方ない感じですかねぇ。

 

釣り人がもっと増えれば釣り具も安くなるのでしょうか。

 




 

 

【関連記事】
釣り初心者にこそロッドベルト!使い方は簡単!
トリプルフックの根掛かりから考えるジギング
釣り初心者が釣り針の「ひねり」有り無し効果を理解する