釣り初心者が秋のショアジギング開始

釣り初心者が秋のショアジギング開始

 

釣り初心者が秋のショアジギング開始

秋ですねぇ~。

 

この秋、「ショアジギング」をメインにしていこうと思います!

 

釣り初心者がジグサビキから「ショアジギング」へと軸足を移していきたいと思います!

 

必要なロッドはまた入手するとして、とりあえず初心者セットの竿を出来る限り使い込んでいきます!

 

それなりに遠投が必要になることもあり、初心者セットでは厳しそうですが、それも含めてどこまでやれるか。

 

どこまで釣れるのか。

 

ジグもダイソーさんのジグをメイン利用して、どこまでやれるか。

 

試していこうと思います!

 

とりあえずジグなどはケイムラウレタンコートでドブ漬けして準備完了です!

 

安くて良い竿がヤフオクとかメルカリやアマゾンにあれば買っていきたいと思います!

 

ジグも初めから付いているフックだけではなく、「アシストフック」というものを購入するなりして試していきたいと思います!

 

さて、どこまで上達して知識と技術を蓄積できるか。

 

この秋、楽しみながら経験を積み上げていきたいと思います!

 

ところで「アシストフック」を自作して、それをダイソージグに取り付けてカヤック釣りをしている「くーねる」さんという方が、YouTubeで情報発信されていて、非常に人気があるようです。

 

たまに見ていたのですが、最近人気がかなり上昇しているようです!

 

ほっこりして役に立つ動画が多いのでオススメですね。

 

ちょうど私がこれからやろうとしていることの参考になりそうだったので、その「くーねる」さん動画を貼り付けておきます!

 




 
 

ショアジギングで使うリーダーについて、釣り初心者としての見解

ショアジギングをはじめるにあたり、ネットで情報を見るとですね、「リーダー」が仕掛け説明に書いてあるんですよね。

 

で、このリーダーの役割は何かというとですね、ナイロンではなくPEラインを使っているとラインが伸びないので、あたった時のクッションとしてあるようです。

 

それから根に入られたりしたときに切れないようにとか、歯が鋭い魚を想定してとか、そういった役割もあるようです。

 

んで、私はナイロンを使っているからクッションは不要。

 

それから、歯が鋭い魚のときはリーダーでも切られそうだし、ここも不要。

 

で、問題は根に入られた場合だと考えました。

 

これを想定してルアーから2、3メートルはラインが強くて太い方か良いかも。。。

 

でも、PEだと根に入られてラインがこすれたりしたら、そういう点ではナイロンより弱そう。

 

それで、ナイロンのリーダーにすればOKだな!!って思って、こすれに強いってことで以下の商品を選定。

 

「よつあみ ライン DMVナイロンショックリーダー」

 

よし!!これを購入しよう!

 

と思ったのですが、、、いやいやいやいや!!!

 

ちょっと、待って!

 

そもそも、これと通常のナイロンラインと何が違うわけ?

 

意味わかんない。

 

号数だって、4号なんて買ったら5号ナイロンラインを使っている私は、そのままのラインを使った方が強いんじゃないの?

 

って疑問が出てきました。

 




 
 

リーダーと通常のライン(道糸)の違いについて

やはり強度などは号数を参考にすればOKだと分かりました。

 

でも、各メーカーによって同じ号数でも根ズレに強くするようにリーダー製品を取り揃えていたりするようです。

 

先ほど購入しようとしていた「よつあみ ライン DMVナイロンショックリーダー」ですが、よつあみさんサイトの説明部に以下の記述が。

 

「超耐摩耗ナイロンのDMVを素材に採用した最高級ナイロンリーダーです。」

 

ようするに同じ号数でも横からスレた場合には全然違う強さだよ!ってことですよね。

 

「通常ナイロンの約20倍と言う耐摩耗性」という記述もありますし。

 

うーん。

 

これは確かに魅力的。

 

一方で、疑いの目も。。。

 

「耐摩耗性」って言葉ですね。

 

スレの負荷をどのようにしてかけて、どのように測定して20倍なのかという点。

 

スパッ!と横から切られた多分同じでしょうし。

 

そもそも、こんな素材があるならこれを道糸にしてくれたら良いのに!ってふと思ったり。。。

 

魅力のある製品であることには変わらないのですが、実際に今のタックルで使ってみてからやることにします!

 

うーん、この製品は忘れないようにメモしとこう。

 

そのうち買うことになるかも。。。

 

とりあえず、今はシンプルに5号ナイロンで道糸をそのままジグに取り付けてショアジギングをしようと思います!

 

(後追記)
道糸とリーダーの違いはラインの「色」に表れることもあるようです。

 

リーダーはなるべく透明。

 

お魚さんに警戒されないようにって話です。

 

まぁ、私は道糸も透明のものを使っているのであまり関係ないですが、色付きのものを使っている人は透明のリーダーという選択肢を考えておいた方が良いのかもしれません。

 

関連記事ケイムラウレタンコートの臭いがきつ過ぎる件

 

(後追記2)
釣りよかさんのショアジギング入門動画です!オススメです!

 

 

(後追記3)
釣りよかさんのショアジギング動画もちょうど更新されていたので貼り付けておきます!「サゴシ」がこんな感じで釣れるといいな~

 




 

 

【関連記事】
ジグサビキでダイソーさんのジグがハゲた。復活!!
根掛かりでサビキとラインを無駄にしない方法。ローコストなサビキ釣りノウハウ。
釣り初心者がジグサビキを通して見えてきたこと。釣り方を考える。